Boundary House/ バウンダリー・ハウス

天工人ストーリーTOPへ戻る

1P

Architecture and Residence / 建築と住宅

「私たちは約40年も住宅に住んできた。これからは、建築に住みたいと思っている。
挑戦的な建築を作って欲しい。」 これが、クライアントの最初の言葉でした。

私たちが考える「建築」とは、伝統や地域性を継承しつつ、未来を切り拓く意志を込めたものです。
ここでは、「バウンダリー・ハウス」を題材に、私たちが考える建築のあり方をお伝えしたいと思います。

“We’ve been living in a house for 40 years.
From now on, we wish to live in a piece of architecture. We would like you to create an architecture that is highly ambitious.”
This was the language of the beginning of a client.

We believe that the “architecture” is an inheritance of the tradition and locality, and the determination to open the way to the future.
I would like to explain further “how we believe the architecture should be”, along with our project “Boundary House”.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13