Boundary House/ バウンダリー・ハウス

Back to TEKUTO STORY top

4P

Historical context / 歴史的な文脈からの観測

歴史的な文脈から敷地の調査を行った結果、この敷地周辺は、かつて江戸時代には馬の放牧場として使用され、現在も馬土手の跡が残っていることが判明しました。つまり、この敷地(地域)自体が歴史的に「人と自然が寄り添ってきた場所」であり、自然と人と建築の「境界」であるという固有性を持っていることが分かったのです。

From the observation of the historical context, we found out that this area was a grazing field for horses in the Edo period and there remains traces of horse bank even today.
This site (region) itself has a unique property that historically “the people lived side by side with the nature”, in other words a “Boundary” between nature, people and architecture.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13