設計料について・設計料率表
工事費(円)第1類(%)第2類(%)第3類(%)第4類(%)
2000万15~17※1
3000万8.015.015.015.0
4000万7.513.513.513.5
5000万7.012.012.012.0
6000万7.011.0
11.0
11.0
7000万7.010.010.010.0
1億7.010.010.010.0
2億6.08.08.08.0

※1 料率(%)は、構造によって異なります。(木造: 15%,S造・RC造: 17%)
※  2,000万円以下の住宅の設計に関しては、最低300万円の設計料としています。
※  上表に記載のない範囲に関しては、金額にあわせて料率を案分とします。
※  2億円を超えるものに関しては、ご相談の上決定させて頂きます。
※  改修、修繕工事に関する設計料についてはこちらをご参照ください。
※  建築種別が併設された場合においては、設計料率及び設計料が多少UPします。

建築種別

○第1類 工場、車庫、格納庫、市場、倉庫等の簡易なもの
○第2類 体育館、観覧場、学校、研究所、庁舎、事務所、駅舎、百貨店、店舗、共同住宅、寄宿舎、診療所 等
○第3類 銀行、美術館、博物館、図書館、劇場、公会堂、映画館、オーディトリウム、旅館、クラブ、ホテル、料理店 等
○第4類 戸建住宅(木造、鉄筋コンクリート造、組積造 等)

●内装設計については設計監理料を工事費の15%~20%とし詳細は御相談の上決定させていただきます。

●構造設計料は別途とします。

注・構造設計料に関しては工法によって異なります。
1.木造2階建では、特殊な構造でない限り、構造設計料はかかりません。
2.木造3階建ての場合は設計料の15~20%になります。
3.非木造の場合は、設計料の22~25%になります。

(例) 構造設計料の算出方法
建築工事費2000万円、構造設計料率22%の場合
設計監理料 : 2000万円×15%=300万円
構造設計料 :  300万円×22%= 66万円

●電気・設備設計料は別途とします。(※通常の住宅の設計では掛からない場合が多いです)

●交通費を別途請求させていただきます。

●消費税は全て別途にかかります。