和紙

おみくじ ~人と工芸と建築の縁を結ぶ~

工芸と建築の狭間の素材として、金沢の二俣和紙の作家、石川まゆみさんの手漉き和紙を使用した。その和紙を奄美大島のフクギという植物で染め上げおみくじを作り、雪吊りのような形態を作りあげた。長い歴史と「結ぶ」行為に人の想いが重…

詳しく見る

かたがらん?

「建築とアートの間にあるもの」 どんなものにも触感があり、どんなものにも光との対話が必要だ。 どんなものも建築的構造になり、どんなものも人間を包み込める。 この持運び可能な光のゆらぎを、あなたの心の芯で感じて欲しい。

詳しく見る