【オープンハウス(終了)】伝泊・佐渡「梅の木のある小さな宿 市十郎」

伝泊・佐渡「梅の木のある小さな宿 市十郎」佐渡島の松ヶ崎集落に伝泊・佐渡「梅の木のある小さな宿 市十郎」という宿がオープンしました。

伝泊・佐渡とは、佐渡島の伝統的構法で建てられた民家を改修した宿泊施設で、昨年オープンした「ぐるり竹とたらい湯の宿 カネモ」に続く2棟目となります。
宿泊されたお客様からは「タイムスリップしたような時間を過ごせた」「集落の方との触れ合いが楽しかった」と好評をいただいております。

今回は「梅の木のある小さな宿 市十郎」「ぐるり竹とたらい湯の宿 カネモ」の2棟の内部を公開いたします。

日時 :2018年6月17日(日)

13:30 受付
14:00 説明会 「伝泊・佐渡が出来るまで」
(アトリエ・天工人 山下保博)
15:00 ~17:00 自由内覧

住所 : 新潟県佐渡市松ヶ崎1042
URL : www.den-paku.com/sado
Facebook  :  https://www.facebook.com/SADO.denpaku/

【松ヶ崎について】
松ヶ崎は、「屋号の里」として知られる昔ながらの街並みが保存されている集落で、それぞれの家は今でも古い屋号で呼び合っています。家ごとに屋号の看板をつくったり、漁具や古民具などを各玄関口に飾ったりと、住民が一体となり様々な取り組みが行われています。

【伝泊(でんぱく)について】
伝泊とは、「伝統的・伝説的な建築と集落と文化」を次の時代につなげるための宿泊施設です。
築50年~200年を経過した、空き家となっている民家を、水まわりを中心に改修した、1棟貸しの素泊まりの宿泊施設です。旅に物語を求める人のために、地域の人との出会いの場も提供します。

現在は、映画「男はつらいよ」で、寅さんとマドンナのリリーが暮らす家として登場した「リリーの家」(加計呂麻島)や、伝統的な茅葺の高倉が残る「高倉のある宿」(奄美大島)など、鹿児島県の奄美群島に6棟、新潟県の佐渡島に2棟が運営されており、2018年中に奄美群島と佐渡島を中心に10棟以上の宿泊施設が加わる予定です。
www.den-paku.com