ニュースカテゴリー: -受賞の一覧

「R・トルソ・C」がfib(国際コンクリート工学連盟)賞を受賞しました。

山下保博 x アトリエ・天工人設計物件「R・トルソ・C」が、世界で最も権威のあるコンクリート構造物の団体 fib(国際コンクリート工学連盟)の最優秀作品賞を受賞いたしました。

fib(fédération internationale du béton)は、コンクリート及びコンクリート構造の学術団体として世界で最も権威のある団体で、4年に一度開催されるfib国際会議の時期に合わせて賞の選考を行っています。今回の最優秀作品賞は建築部門2件、土木部門1件が選出されております。
授賞式は2018年10月9日にfib国際会議のディナーの席上で華やかに行われました。

九州南部の火砕流堆積物シラスを細骨材として利用したコンクリートを建築の分野で初めて用いた「R・トルソ・C」は、2016年に日本コンクリート工学会作品賞、2017年にアメリカコンクリート工学会(ACI)の”総合部門最優秀賞”と”低層部門第1位”のダブル受賞に輝きました。日本、アメリカのダブル受賞と今回の受賞により、コンクリートの重要な賞の四冠を達成したことになります。この小さな建築にこめられた社会的意義を評価してくださった審査員と、多くの困難を共に乗り越えて下さった関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

R・Torso・C

 

授賞式にて 左:山下保博 右:野口教授

-R・トルソ・Cの物件紹介ページはこちら

-シラスコンクリート開発ストーリーはこちら

R・トルソ・Cが、ACI(アメリカコンクリート学会)最優秀賞を受賞しました。

アトリエ・天工人設計物件R・トルソ・Cが、ACI(アメリカコンクリート学会)プロジェクト賞の総合部門・最優秀賞と低層建築部門・最優秀賞を受賞しました!環境にやさしいサステナブルなコンクリートを追求し、東大の野口先生、構造の佐藤淳さん他多くの方々とのチームワークで開発した「シラスコンクリート」が評価され、とてもうれしいです。これを機に、コンクリートに用いられる天然資源が枯渇しつつある問題がもっと注目されることを願っています。

同賞の2016年最優秀賞はネメシス・スタジオのミラノ万博2015イタリア館(ミラノ、イタリア)、2015年はルディ・リッチオッティ設計のヨーロッパ・地中海文明博物館(マルセイユ、フランス)でした。

https://www.concrete.org/news/newsdetail.aspx?f=51701216

イタリアの Dedalo Minosseにて審査員特別賞

アトリエ・天工人の手がけた「R・torso・C」が、イタリアの Dedalo Minosse という賞で審査員特別賞を受賞いたしました。
この賞は、建築家だけではなく、建築家と共に建築に貢献をしたクライアントに送られるという賞です。

http://www.dedalominosse.org/eng/2017_segnalazioni.php

「R・torso・C」は、建築やアートに造詣の深いクライアントご夫妻より「コンクリートで内外部を包み込んでほしい。そして、そのコンクリートが挑戦的であり、環境的であってほしい」というリクエストから始まり、完成まで二年半の歳月を経たプロジェクトです。
捨てられている火砕流堆積物「シラス」をコンクリ―トに使うという新たな試みに、辛抱強くお付き合いいただき、また随所でさまざまなご提案を積極的にいただいたクライアントのご夫妻。
クライアントとの出会いがあり、はじめて天工人の建築が生まれます。素晴らしいクライアントに感謝です。

2016年 WAN Concrete Award

R・トルソ・C2016年 WAN Concrete Award の最終選考6作品に残りました。

WAN Award は、世界72か国が参加し、エントリー総数は1300を超える最も規模の大きい建築賞です。
R・トルソ・C
 はその中のコンクリート建築部門で最終選考に残りました。
2016年WANコンクリート賞を受賞したのは、CKK “JORDANKI” (Menis Arquitectos, SLP) および Salas de lectura, Tepic, Mexico (Fernanda Canales) の2作品。

コンクリート建築部門の審査員を務めたのは下記の4名でした。
・ 新居千秋 氏 (株式会社 新居千秋都市建築設計 代表取締役)
・ Jason Parker 氏 (Make Architects 共同経営者)
・ Elaine Toogood 氏 (The Concrete Center シニアアーキテクト)
・ Simon Anson 氏 (Arup アソシエイト)

”最終選考作品はどれも異なるクオリティを持ち、かつコンクリート使用の素晴らしい事例であるため、一つに絞ることはとても困難だった。”

選考された作品は受賞した作品を含め、それぞれ市庁舎・図書館・コンサートホールなど大規模な施設や公共施設などで、個人住宅はR・トルソ・C のみ。これらの中でR・トルソ・C は健闘し、高い評価を受けました。

残念ながら受賞には至りませんでしたが、最終選考に残ったことはアトリエ・天工人 代表山下の建築を通して環境を考える想いを後押しする結果となりました。以下、審査員による R・トルソ・C への評価コメントをご紹介します。

<R・トルソ・C の評価>
東京の中心に位置するこの住宅は、敷地面積が66㎡と小さい。クライアントの最初の要望は「コンクリートで内外部を包み込み、挑戦的であり、環境的であってほしい」であった。
これに対し天工人は、日本列島の南端にある鹿児島県の火砕流堆積物「シラス」を利用することに決めた。「環境型境型シラスコンクリート」は、砂の60%以上をシラスに変更する事が可能で、調湿、消臭効果が期待できる。建物のコーナーが大きく欠き取られ、それが窓となり空や外部への視界をこの都心の小さな敷地に提供している。

Simon Anson 氏はデザインによって提供される内部空間の広がりに感嘆し、このようにコメントをした。「とても美しい住宅だ。光と空間を探求し、とても多くの性質を兼ね備えている。」

Jason Parker 氏もそれに同意し、次のコメントを残し評価した。「この建築が周辺との関係性の中で佇まうその出で立ちが好きだ。またヴォリュームが彫刻のようにも見えて、とても興味深い。コンクリートがその空間を全て包み込んでいる。」

山下のコメント
%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

 

 20161104_wan_concreteaward_3 R-Torso-C House by Atelier Tekuto
certificate

日本コンクリート工学会で表彰されました。

<2016年 日本コンクリート工学会賞で「R・トルソ・C」が作品賞を受賞>

受賞の理由は、クライエントの要望を取り入れ『まさに、挑戦的で環境に調和したコンクリートとなっている』ため。

SKMBT_C554e16062311590_0001

受賞式では、受賞者に賞状と七宝焼の立派な盾が贈呈されました。


【日事連建築賞】優秀賞受賞/バウンダリー・ハウス

10月3日(金)に、日事連建築賞の授賞式が行われました。

アトリエ・天工人は「バウンダリー・ハウス」にて、優秀賞を受賞いたしました。

写真 (1)

 

受賞:優秀賞
作品:バウンダリー・ハウス / 千葉県鎌ヶ谷市,2012竣工

3 1 kamagayashi_oosonetei_1019 kamagayashi_oosonetei_1059 4

いつも暖かく迎えてくださるクライアントと、質の高い工務店さんのご協力のおかげでこの度受賞することができました。
今回でバウンダリーハウスはLEAF AWARDS, 木材活用コンクール優秀賞、JIA日本建築家協会賞に続き、4度目の建築賞受賞となります。
皆様のお力添えに感謝し、これからも良い建築を創っていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。

クライアントインタビュー

JIA【日本建築家協会賞】受賞式が行われました。受賞作品:バウンダリー・ハウス

5月23日(金)に、JIA日本建築家協会賞の授賞式が行われました。
授賞式

JIAウェブサイトにて受賞作品が掲載されています。

◆国際建築家連合(UIA)のウェブサイトにて受賞作品が紹介されています。
英語:http://www.uia-architectes.org/en/exercer/nouvelles/8732#.U3H5Ixwk974
フランス語:http://www.uia-architectes.org/fr/exercer/nouvelles/8731#.U3H5Lhwk974