ニュースカテゴリー: お知らせの一覧

【受賞】「ボルトン」が日本コンクリート工学会・作品賞を受賞しました。

天工人代表・山下保博 が設計したオフィスビル「ボルトン」が公益社団法人 日本コンクリート工学会の作品賞を受賞し、2019年6月17日に開催された表彰式で賞状と楯を授与されました。

クライアントの「ボルトン工業」は、ボルトやナットを中心に数万点にもおよぶ建材を扱う会社です。この建築は、ボルトの形態にインスピレーションを受け、一筆書きのような、連続する壁と三次元的につながる空間を内包する形態を模索した結果生まれました。
予算は限られていたものの、交通量の多い産業道路に面するため防音に優れたRC造を採用し、地盤の弱さから建物の軽量化を追求し、コンクリート躯体を極限まで削り出した結果、見えて来たのが、このマスクメロンのような構造体でした。

低コストながら挑戦的な造形のコンクリート建築が実現したのは、長年のパートナーである施工の松岡茂樹氏と構造設計の佐藤淳氏とチームを組み、理解あるクライアントに恵まれたおかげです。実はクライアントの山本竜太郎社長と松岡氏は中学時代の同級生。一緒に表彰を受けることができ、大変光栄です。

ボルトンについて[建築実例ページ]


photo: 傍島利浩


photo: 傍島利浩

表彰式にて(左より松岡社長、山本社長、山下)

 

【オープンハウス】荒川区Renatus完成見学会のお知らせ

東京都荒川区の鉄骨造 3階建て住宅の再生(改修)プロジェクトRenatusが竣工を迎え、クライアントのご厚意で見学会を開催させていただく運びとなりました。
幽玄と漆黒の中を彷徨うオブジェクト、墨絵を基調に吟味を重ねた仕上げ素材、光と視線と風をコントロールする多孔質な外殻。弊社専務・松野 勉 (Ben Matsuno)のアトリエ・天工人でのデビュー作、リノベーションの枠に収まらない<リ・ジェネレーション>の新作です。

ご興味のある方はぜひ下記までお申し込みください。(ご来場予定時間と人数を事前にお知らせ頂けると助かります。)折り返し案内図を含めた資料をお送りいたします。

場所:東京都荒川区
日時:2019年4月21日(日)13:00~17:00
お申込み:media@tekuto.com

【プレスリリース】ネストアット奄美ビーチヴィラがアジア・パシフィック・プロパティ・アワードで2部門受賞いたしました

2019.03.06

山下保博 および山下が代表をつとめる建築設計事務所アトリエ・天工人(東京都渋谷区)と奄美設計集団(鹿児島県奄美市)の設計したリゾートホテル「ネストアット奄美ビーチヴィラ」が、アジア・パシフィック・プロパティ・アワードの「ホテル建築部門」と「新ホテル建設・デザイン部門」の2部門のダブル受賞を達成いたしました。表彰式は5月14日、15日にタイ・バンコクのマリオット・マーキス・クイーンズパークにて開催されます。

「アジア・パシフィック・プロパティ・アワード」は今年で26年目を迎え、商業及び住宅用不動産における開発、建築、インテリアデザインの45部門にわたり表彰する、アジア太平洋地域で最も有名かつ栄誉ある賞です。審査は80名の専門家からなる委員会により、デザイン、品質、サービス、イノベーション、オリジナリティ、サステナブルな取り組みなどの観点から行われています。
|アワード公式サイト|https://propertyawards.net/

写真提供:ネストアット奄美ビーチヴィラ  http://www.nestatamami.com/

「ネストアット奄美ビーチヴィラ」は鹿児島県大島郡龍郷町に2017年11月竣工、2018年4月オープンしたリゾートホテルです。奄美出身である山下保博が敷地探しから関わり、奄美の歴史や自然を読み解き、周囲の宿泊施設について入念にリサーチを行ったうえで計画されました。
設計コンセプトは「ハザマをデザインする。」広大な空の海のハザマの中での自己解放感、自然と人間のハザマで壊されてきた植生をできるだけ昔の姿に保全するランドスケープ計画、伝統と新しさのハザマの中で開発した、新たな建築フォルムと地域素材「泥染めイタジイ」が特徴です。「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」はユネスコの世界自然登録が間近と言われており、バラエティのある宿泊施設が必要とされています。この施設が奄美の本格的リゾートとして貢献することを願っています。詳しくは弊社ホームページをご覧ください。
|プロジェクト紹介ページ|http://www.tekuto.com/works/nest_at_amami_beach_villas
|構想から完成までのプロセス|http://www.tekuto.com/story/nest_at_amami

今回の受賞に際し、アトリエ・天工人代表・山下保博は次のように述べています。「10年近くアジアのリゾートを視察してきた中で、最初に設計にたずさわったリゾート計画が自分の故郷の奄美となったことをクライアントに深く感謝します。地域ごとのコンテクストを再構築しながら、新たなアジアン・リゾートを定着させていきたいと思います。」

奄美の伝統建築や動植物から着想を得た、プール・ヴィラ内観(写真:以下すべて傍島利浩)

プライベート・プールのあるプール・ヴィラの広いデッキ

大島紬の手法で染めた地元木材で外壁・屋根を覆ったプール・ヴィラ外観

昔ながらの植生を再生し、海辺の集落のイメージで配置されたヒルサイド・ヴィラとオーシャン・ヴィラ

1月20日 ラジオ「戸田恵子 オトナクオリティ」に出演します。

【ラジオ放送のご案内】

1月20日(日)に、ラジオ「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送)で伝泊について、アトリエ・天工人代表の山下がお話させていただきます。
30分間、女優の戸田恵子さんと奄美や伝泊で大変盛り上がりました。
ぜひお聞きください。

<各地の放送日時>

ニッポン放送
日曜14時00分~14時30分

STVラジオ
日曜9時30分~10時00分

東北放送
日曜9時30分~10時00分

北陸放送
日曜17時00分~17時30分

静岡放送
土曜17時00分~17時30分

東海ラジオ放送
日曜11時30分~12時00分

ABCラジオ
土曜23時00分~23時30分

中国放送
日曜11時00分~11時30分

九州朝日放送
日曜17時30分~18時00分

番組ホームぺージ 「戸田恵子 オトナクオリティ」
http://www.1242.com/otona_quality/

「R・トルソ・C」がfib(国際コンクリート工学連盟)賞を受賞しました。

山下保博 x アトリエ・天工人設計物件「R・トルソ・C」が、世界で最も権威のあるコンクリート構造物の団体 fib(国際コンクリート工学連盟)の最優秀作品賞を受賞いたしました。

fib(fédération internationale du béton)は、コンクリート及びコンクリート構造の学術団体として世界で最も権威のある団体で、4年に一度開催されるfib国際会議の時期に合わせて賞の選考を行っています。今回の最優秀作品賞は建築部門2件、土木部門1件が選出されております。
授賞式は2018年10月9日にfib国際会議のディナーの席上で華やかに行われました。

九州南部の火砕流堆積物シラスを細骨材として利用したコンクリートを建築の分野で初めて用いた「R・トルソ・C」は、2016年に日本コンクリート工学会作品賞、2017年にアメリカコンクリート工学会(ACI)の”総合部門最優秀賞”と”低層部門第1位”のダブル受賞に輝きました。日本、アメリカのダブル受賞と今回の受賞により、コンクリートの重要な賞の四冠を達成したことになります。この小さな建築にこめられた社会的意義を評価してくださった審査員と、多くの困難を共に乗り越えて下さった関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

R・Torso・C

 

授賞式にて 左:山下保博 右:野口教授

-R・トルソ・Cの物件紹介ページはこちら

-シラスコンクリート開発ストーリーはこちら

【オープンハウス(終了)】伝泊・徳之島6棟の内覧会を行います

「伝統的・伝説的な建築と集落と文化」を次の時代につなげるための宿泊施設「伝泊」。
今年の6月から7月にかけて、鹿児島県奄美群島の徳之島に、一挙に6棟オープンします。

皆さまに内覧いただく機会を設けましたので、ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください。当日は、各宿でスタッフがお待ちしております。
時間内にご自由にご見学ください。

日時 :2018年6月23日(土)10時~16時

今回内覧いただける伝泊は、次の6棟です。

① 海亀ビーチの宿         天城町与名間608-3
② サンゴ石小屋のある宿   天城町松原小島161
③ 展望台のある宿      天城町兼久字高釣
④ 海みるテラスの宿     伊仙町古里1
⑤ 時うつろう小屋組の宿   伊仙町古里1-2
⑥ だんだん芝生と海の宿      伊仙町古里685-51

クリックしていただくと大きな画像が開きます↓

天城町「海亀ビーチの宿」へ続く道

 

「海亀ビーチの宿」

 

「海亀ビーチの宿」の目の前に広がる海

 

海亀が産卵にくる浜

 

小屋組が特徴的な、伊仙町「時うつろう小屋組の宿」

 

伊仙町「だんだん芝生と海の宿」の広々としたテラス

イタリア・フェス「イタリア・アモーレ・ミオ!」で講演を行いました。

4月22日、寺田倉庫で開催された日本国内最大級のイタリアフェス「イタリア・アモーレ・ミオ!」にて、山下保博がトークイベントに登壇いたしました。『街を使いたおす』をテーマに、イタリア人建築家のマルコ・コルベッラさんにイタリアの都市・集落再生の事例をうかがった後、山下は奄美大島で展開中の空き家を再生し宿泊施設とする「伝泊(でんぱく)」プロジェクトや、現在建設中の地域包括的コミュニティ施設を紹介し、街のポテンシャルを引き出す試みについて語りました。

また、手塚貴晴さんやHa+(Hokuriku Architekuture Plus)の中永勇司さんと新井秀成さん、マルコ・コルベッラさん、マテーラ市の建築家・ロータ氏らとクロストークを行うコーナーも、「建築の美とは?」といった大きなテーマについて各建築家の意見を聞くことができ、多いに盛り上がりました

4月22日(日)「イタリア・アモーレ・ミオ!」トークイベントに山下保博が登壇します。

【お知らせ】日本国内最大級のイタリアフェス「イタリア・アモーレ・ミオ!」にて、アトリエ・天工人の山下保博がトークイベントに登壇します。
日時 : 4月22日(日)12:50~
会場 : 天王洲アイル 寺田倉庫

トークテーマ 『街を使いたおす』
持続可能なツーリズムを目指すイタリアの集落再生のシステムアルベルゴ・ディフーゾと、鹿児島県の奄美大島での同じような取り組みや、地域包括的コミュニティ施設を例に、建築家・山下保博が街のポテンシャルを引き出す試みについて、イタリア人建築家のマルコ・コルベッラさんと語ります。
入場無料。
会場では美味しいイタリア料理や、エンターテイメントも楽しめます。
ぜひ、トークイベントにお越しください。

2018 プログラム

【終了しました】家づくりワークショップ(名古屋)開催のご案内

 

【このイベントは終了しました】

Project 1000では、来る3月18日(日)名古屋にて家づくりワークショップを行います。
テーマは「Cafe な家をつくろう!」。

自宅の一部を教室やカフェにしたり、空き部屋を旅行者に貸し出したり、仲間や地域との交流の場として開放する暮らし方が広がっています。Project 1000では、そんなライフスタイルを「イエビラキ」と呼び、さまざまな住宅の在り方を考えていきます。

イエビラキを考えるワークショップの第1弾は「Caféな家」。
「Caféな家」とは、実際に店舗としてのカフェを併設した家から、まるでカフェのようなくつろぎスペースを持つ家、気軽に友人たちを招くことのできる家など、自宅の一部をカフェ的に活用できる家のことです。

「Caféな家」をつくりたい!と考えたとき、まず準備することは?プライベート空間と上手く住み分けるには?役所へ届け出などが必要なの?
そんなさまざまな疑問を、建築家と一緒に解決しませんか?

当日は、昨年、店舗併用住宅を建てた名古屋市西区のカフェ「SUNNY DAY CIRCUS」のオーナーをお招きして、カフェのある家づくりの道のりについて体験談をお話していただきます。
後半は、Project 1000 チームから3組の建築家が参加、理想の家づくりについて一緒に考えるワークショップを行います。

★参加申し込み(無料)はこちら
http://project1000nagoya1.peatix.com/

または、メールにてお申し込みください。
info@project1000.co.jp
(お名前、参加人数、お電話番号)

こんな方におススメです。
・カフェ、ショップ、サロンを備えた店舗併用住宅を建てたい
・まるでカフェのような、くつろぎスペースを自宅の中につくりたい
・自宅の一部を、地域やコミュニティに開放したい
・せっかく家を建てるなら、建築家に設計を頼んでみたい
※ 近い将来、家づくりを考えている方が対象です。

■日時
2017年3月18日(日)13:00 – 15:30

■ 会場 サンワカンパニー名古屋ショールーム
名古屋市東区泉1-21-27 泉ファーストスクエア1・2F
http://info.sanwacompany.co.jp/showroom/nagoya/

■ 参加費
無料(スイーツとコーヒー付き)
※建築関係者の参加はご遠慮いただいております。

■ 内容
13:00-13:30 【イントロダクション】建築家との家づくりとは? 事例紹介
13:30-14:00 【家づくり体験談】カフェSUNNY DAY CIRCUS オーナー登場
14:00-15:30 【ワークショップ】
・自分の家づくりのコンセプトを考えよう!
・考えたコンセプトを発表しよう!
SUNNY DAY CIRCUS自慢のスイーツをいただきながら、夢をカタチにしていきましょう!

■ 主催
株式会社Project1000
http://www.project1000.co.jp/

■ 協力
株式会社サンワカンパニー
AUAU建築研究所/ 株式会社D.I.G Architects / 株式会社渡邊工務店/ 株式会社波多野工務店/ 誠和建設株式会社/ 株式会社アトリエ・天工人

<Project 1000 とは?>
「1000万円台でいい家をつくるプロジェクト」、名付けて「Project 1000」。建築設計事務所「アトリエ・天工人」を主宰する山下保博が代表を務める。建て主と建築家とが一緒に、積極的に家づくりに関わることで、コストや品質のバランスがとれた、満足のいく家をつくるプロジェクトチームです。阪神・淡路大震災をきっかけに、適正な価格で家を建てる仕組みを確立するためにスタート。これまで200棟あまりの住宅の設計を手掛けてきました。

映像「伝泊・奄美 建築家の視点編」

伝統的・伝説的建築と集落と文化を次の時代につなげる宿泊施設「伝泊(でんぱく)。」アトリエ・天工人代表 山下保博の伝泊にこめる思い、そこからさらに広がる高齢者・障がい者・地域住民・観光客が集うコミュニティ施設プロジェクトについて綴った、伝泊映像「建築家の視点」編を公開いたしました。ぜひご覧ください。