Boundary House/ バウンダリー・ハウス

天工人ストーリーTOPへ戻る

2P

Lost in the Architecture of the 20th century
/ 20世紀の建築が失ってきたもの

20世紀の建築は、経済効率を優先させたグローバリズムの影響を強く受けました。
世界中のどこでも、鉄とガラスとコンクリートによる同じような建築が量産された結果、都市部に密集した人に、住処を早く、安く、大量に供給することには成功しましたが、それによって地域特有の素材をつかった建築、気候風土を踏まえた建築がなくなり、地域の固有性が失われました。また、人々は自然との寄り添い方を忘れつつあります。

Architecture in 20th century was strongly affected by globalism which prioritises
economic efficiency.  The same kind of architecture using iron, glass and concrete were mass‐produced everywhere in the world.  It was successful in supplying houses to the rapidly growing population of the urban areas. However it resulted in a loss of the uniqueness and of the locality of individual places such as architecture using a region‐specific material or the planning being based on the climate of the region. We have forgotten how to live side by side with nature.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13