SHIRASU / シラスプロジェクト

天工人ストーリーTOPへ戻る

p2

 

Current Situation of Concrete-1 / コンクリートの現状-1

20世紀の建築を支えてきたコンクリートの生産量は、経済成長と共に右肩上がりで増えてきました。

コンクリートの主成分であるセメントの生産量も、今後増え続けることが予想され、資源の消費量も倍増することが想定されます。セメントは天然の石灰岩などを「焼く」ことで作られます。1450度の高温で焼成するため、大量の熱源を必要とし、結果として膨大な量のCO2が排出されています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11