ミニマム・ハウス

この住宅は東京都内から電車で30分ほどの駅の近くにある住宅密集地に位置し、細長いコンパクトな敷地(52㎡)に建っています。一級建築士であるクライアントのご要望に沿い、ムダのない最小限な住まいを実現するために、クライアント、設計者、構造家、施工者がコラボレートし、最小限の家=「ミニマム・ハウス」のあり方を一緒に考え、検討を重ねて出来上がりました。

この住宅でデザインの主眼となったのは、床のあり方です。シンプルな鉄骨造のフレームの上に床組みをつくり、木でできたソリッドな床パネルとアクリルの透明な床パネルの2種類を用意し、それを置くだけの容易な設置方法としました。透明・不透明の床を自由に動かすことで、生活の変化に伴い、それぞれの過ごす場所や空間の使い方を変えられ、家族とともに変化し進化し続ける住宅が実現しました。

>> 住宅一覧に戻る

 

竣工2002
所在地埼玉県与野市
建築用途専用住宅
敷地面積52.46㎡(15.8坪)
建築面積26.73㎡(8.1坪)
延床面積83.59㎡(25.2坪)※法定
構造鉄骨造
階数4階建
意匠設計山下保博+原口慎治/アトリエ・天工人
構造設計池田昌弘+大野博史+横尾真/MIAS
施工管理松岡茂樹+内村伸一/ホームビルダー
写真撮影吉田誠

関連の実績

川口市M邸(Project1000)

Floating-Box

クリスタル・ブリック

アース・ブリックス

白華

風・洞・居

文京区K邸

木フレームの家

S/N

胡桃の舎

富・浮・風

Kinari