井の頭の家

敷地は、北に井の頭公園・東から西にかけて玉川上水の緑地帯が続く、静かで緑に恵まれた住宅地にある。

クライアントは50代のご夫婦と20代の息子夫婦、お婆様の3世代5人家族である。それぞれが自立した個人として社会との関わりを持ち、家族間においても世代・世帯といった区分を外して個々に仲のよいご家族である。長年住まわれてきた土地であった為、敷地や周辺環境に対する心地よい位置感覚が既に各人の身に染んでいたことや、各々の生活リズムをお持ちであったことから、その関係性や領域のありようを歪めることなく緩やかに内包する住居を心掛けた。

初めに、各人の身体感覚に倣って敷地上にそれぞれの領域を区分し、その上でそれら分散する個々、また各人と社会とを繋げるファンクションを住居に付加する提案をした。主となる居住スペースは、個々の領域を動線上に繋げ南に開きつつ敷地いっぱいに距離を稼いだ屈折したボリュームとし、南に設けた中庭を囲うかたちで共有のスペースとなる独立した半地下の室を配した。中庭・段上テラスといった屋外を含めたこの空間は、家族が日常的に出会う場所であったり、世帯を離れて読書や昼寝を楽しむ「もうひとつ別の」場所、また仕事関係の客人を居住空間に通さずして応接するといった、家族間や個人と社会との関係をよりアクティブに繋げるための多義的な接点となる。

各々が好きに生活をしていて、割合頻繁にそれぞれが出会える広場や寄り合い的な場所がある。各々日常的に社会とも交流を持ち、スムーズに行き来できる道が多方面に開かれている。そんな村的なダイアグラムを計画当初からクライアントと共有していた。

 

>> 住宅一覧に戻る

 

竣工2003
所在地東京都三鷹市
建築用途専用住宅
敷地面積183.31㎡(55.45坪)
建築面積88.34㎡(26.70坪)
延床面積143.56㎡(43.43坪)※法定
構造木造
階数地上2階
意匠設計山下保博+片岡真琴/アトリエ・天工人
構造設計岡村仁+泉圭市/空間工学研究所
施工管理岡田雅人+奥誠/栄港建設
写真撮影平剛

関連の実績

Parabola(放物線の家)

S/N

富・浮・風

飯能市U邸

井の頭の家

Twin megaphones

胡桃の舎

笛吹市M・O邸 (Project1000)

リビング in ガレージ・ハウス