Lucky Drops

この住宅のクライアントは若いご夫妻で、土地の取得も含めてローコストでの住宅建設を望んでおられました。

購入された敷地は、間口3.26m、奥行き29.3m、もっとも狭い部分で0.79mという極端に細長い形状で、街の土地区画から取り残されたような土地でした。

さらに隣地からの外壁後退距離の0.5mを確保すると、居住空間の間口は2m程度しか確保できないという状況でした。私たちはクライアント、設計者、構造エンジニア、施工者、メーカーと協力体制を組み、困難な敷地状況での家作りに向け、設計に取り組みました。

方針としては、この敷地の特性を活かして最大限の建物長さを確保すること、地下空間を最大限利用すること、そして外壁をなるべく薄くすることで、最大限の居住空間を確保することを目指しました。

外壁はFRPという半透明の素材を使って柔らかな光を取り込み、1,2階の床は透過性のある素材を使い、地下まで光と風を届ける工夫をしています。

地階は、通常のコンクリートの山留め壁の施工はせず、防水層と鉄板に断熱および断錆塗料を塗布する工法を採用し、より広い居住空間を確保しました。

この「Lucky Drops」という名前は、「ワインの最後の一滴」という意味で、日本語の「残り物には福がある」ということわざと同じく、最後に残ったこの土地ならではの、魅力ある都市住宅を実現しました。

主な受賞

第26回INAXデザインコンテスト「銀賞」
GOOD DESIGN AWARD 2005「グッドデザイン賞」

掲載雑誌

HOW TO MAKE A JAPANESE HOUSE
100 Comtemporary Houses p94-99
【海外】CASAS(Kliczkowski) (スペイン)
WALL STREET JOURNAL(USA)
Dein Spiegel (ドイツ)2013.9

>> 住宅一覧に戻る

 

竣工2005/2
所在地東京都世田谷区
建築用途専用住宅
敷地面積58.68㎡(17.75坪)
建築面積21.96㎡(6.64坪)
延床面積60.94㎡(18.43坪)※法定
構造鉄骨造
階数地下1階+地上2階
意匠設計山下保博+原口慎治+天野美紀/アトリエ・天工人
構造設計池田昌弘/Masahiro Ikeda Co.,Ltd
施工管理菊嶋秀生+能勢誠一/キクシマ+松岡茂樹/ホームビルダー
写真撮影吉田誠

関連の実績

SAKURA COMPLEX

グリュックス・ガルテン

川越市A邸 (Project1000・増築)

本箱ブレース アパートメント

cubic-house

リビング in ガレージ・ハウス

クリスタル・ブリック

音楽家の家

ミニマム・ハウス

緑槽 (Project1000)

木フレームの家

3wall+1