Layers

山下保博 x アトリエ・天工人

この住宅は、世田谷区下北沢の中心から少し離れたところにあり、道路の突き当たりのコンパクトな敷地に立っています。
クライアントのご希望は、親世帯の古い家屋を壊し、2世帯住宅にして親世帯、子世帯(夫婦+子供2人)の計6人で住みたいということでした。ご主人が一級建築士であることから、おおまかなプランニングはスケッチされていたので、その提案をもとに地階にご両親の居住スペース、1階に夫婦と子供達の寝室および水廻り、2階にLDKおよび上部にロフトを設けました。各階は、中庭的なテラスをもつ屋外階段でつながっています。
構造は、一般的なツーバイ材と硬質木毛セメント板を構造でパネル化することで、搬入や建方のコストを削減しています。外壁は、法規に準じて網入りガラス、FRP、鋼板、断熱材そして木材を場所によって重ね合わせて使いました。レイヤーを幾重にも重ねた外壁は、素材の組み合わせや厚み、そして間の空気層を調整することで、光や熱を繊細に調整する役割を果たし、快適な住環境を創り出しています。

主な受賞

第27回INAXデザインコンテスト「審査員特別賞」

掲載雑誌

書籍 “ZIPPED Space in Small Japanese Houses” Bernardo Martin (2018, TC  cuadernos)

>> 一覧に戻る

 

竣工2005/10
所在地東京都世田谷区
建築用途専用住宅
敷地面積67.14㎡(20.31坪)
建築面積33.56㎡(10.15坪)
延床面積101.50㎡(30.70坪)※法定
構造RC造+木造
階数地下1階+地上2階建+ロフト
意匠設計山下保博、壹岐敏直/アトリエ・天工人
構造設計佐藤淳/佐藤淳構造設計事務所
施工管理松岡茂樹、内村伸一/ホームビルダー
写真撮影吉田誠

関連の実績

.terrace

3wall+1

浮床

川口市M邸(Project1000)

S/N

Tough Box

monochro cube

Skip-court

Layers

踊り場の家

緑槽 (Project1000)

常盤台の家