Y’s アパートメント

―hospital+studio―
多くの人が住まいに求める採光と通風。
あたりまえのことですが、これまでの賃貸住戸にはその「あたりまえ」が確保されていませんでした。
家賃を高くするために、部屋の広さのみ追求してきた結果です。
本計画では、通常のマンションに比べて3倍もの太陽光が降り注ぐよう窓を設置したこと、加えて、玄関扉を閉めた状態でも居室全体に風が通り抜けるよう窓を配置したことにより、これまでの賃貸住まいでは十分に得られることが出来なかった
「光が十分に降り注ぎ、風が通り抜ける」
居住空間を実現しました。

掲載雑誌

全国賃貸住宅新聞 2011.08.22

>> 一覧に戻る

 

竣工2011/03
所在地東京都墨田区
建築用途共同住宅
建築面積116.46㎡(35.22坪)
延床面積475.02㎡(143.69坪)
構造RC造
階数地下1階+地上4階
意匠設計山下保博+藤森俊行/アトリエ・天工人
構造設計名和研二+森永信行/すわ製作所
施工管理三菱地所ホーム株式会社
写真撮影SOBAJIMA Toshihiro

関連の実績

ref-ring

Wood-Cube

Skin TV

世田谷区H邸 (Project1000)

ref-house

cobaco

monochro cube

ウェハウス

3wall+1

aLuminum-House

常盤台の家

椎木舎