風・洞・居

港区西麻布に建つ5戸の集合住宅です。このアパートメントの形は複雑に見えますが、3つのシンプルなデザインコンセプトに基づいて設計されました。第一には、環境的に快適な生活が可能な集合住宅であることです。各住戸が十分な自然光と通風を取り入れられるよう、3つの「風庭」を分散して配置しました。室内空間においては、十分な天井高さを確保しています。そして外断熱仕様とし、全面的にペアガラスを使用することで、快適な温熱環境を確保しました。第二には、各住戸の多様性です。斜めの壁によって、建築構成は多様に変化し、空間の広さを感じさせる効果を生み出すと共に、各住戸と風庭のつながりにより、多様かつ豊かな住空間が実現しました。第三には各住戸の独立性とそれぞれの住戸独自の機能の確保です。断面的構成を検討し、各住戸のプライバシーを確保すると同時に、メゾネット住戸、バイクと共存可能な住戸、SOHO住戸など個性ある住戸構成を実現しました。

>> 一覧に戻る

 

竣工2012/03
所在地東京都港区
建築用途共同住宅
敷地面積163.40㎡(49.42坪)
建築面積97.53㎡(29.50坪)
延床面積261.02㎡(78.95坪)
構造RC造
階数地上4階
意匠設計山下保博+庭本卓美/アトリエ・天工人
構造設計名和研二+皆川宗浩/すわ製作所
施工管理内田嘉哉+佐藤寛/内田産業
写真撮影SOBAJIMA Toshihiro

関連の実績

常盤台の家

Branching Coral

世田谷区HG邸 (Project1000)

桜見缶

風・洞・居

aLuminum-House

Twin-Bricks

セル・ブリック

笛吹市M・O邸 (Project1000)

ペンギン・ハウス

日本橋-A

ケーシング・ハウス