本箱ブレース アパートメント

都心の住宅密集地に位置する賃貸併用二世帯住宅である。建物を特徴づける2つの置換システムを軸に計画を進めた。
一つは「本箱ブレース」への置換。
構造ブレースを“鉄板の本箱”に置き換え、『構造体としての家具』=『家具としての構造体』という価値をそれぞれに与えた。
もう一つは「開口パネル金物工法」への置換。
周辺環境から主要な外壁としてALC版を採用、施工性の向上・コストの軽減を目的に“開口部のパネル化”を試み、ALC外壁の一部をこれに置き換えた。
アトリエ・天工人が提案する、都市型アパートメントのひとつの形である。

掲載雑誌

全国賃貸住宅新聞 2011.08.01

>> 住宅一覧に戻る

 

竣工2006
所在地東京都渋谷区
建築用途賃貸併用2世帯住宅
敷地面積163.46㎡(49.45坪)
建築面積96.55㎡(29.21坪)
延床面積229.59㎡(69.45坪)※法定
構造鉄骨造
階数地上3階
意匠設計山下保博+天野美紀/アトリエ・天工人
構造設計我伊野威之+羽田野裕二/我伊野構造設計室(G.DeSIGN)
施工管理二宮康秀/二宮建設
写真撮影吉田誠

関連の実績

Layers

バウンダリー・ハウス

Lucky Drops

cobaco

Aluminum-ring House 1

ペンギン・ハウス

LIM House

緑槽 (Project1000)

A-ring

スイソウ

白華

川口市M邸(Project1000)