釜山エコセンター

国際コンペにて一等を受賞した本計画は、韓国・釜山南部、ナグドング川河口の湿原と、そこに生息する水鳥の研究・保全のための博物館です。
焼杉の外装による黒いボリュームの内部、間仕切りのない約2000㎡のメインホールは床・壁・天井の4面全てを同じ厚みの木板とし、点々と開口したスリッ トから自然光・人工照明により4面全てから空間に光を入れている。空間の南北2辺、それぞれ幅33mの全面開口には広大な湿原のパノラマが広がります。湿原の 先の海へ向けて南北の軸線を持つこの空間は、湿原の只中に挿入されたダイナミックなプラットフォームです。
建築空間と眼前の雄大な自然とを同時的に体験することで、ありのままの自然と我々の作為する世界との、その両方の価値を再発見する場となることを目指しました。

主な受賞

2004釜山エコセンター国際設計競技「1等」

>> 公共施設一覧に戻る

 

竣工2007/06
所在地韓国釜山市
建築用途博物館
敷地面積127,178.00㎡
建築面積2,112.00㎡
延床面積4,114.72㎡
構造RC+鉄骨造
階数地上3階建て
意匠設計山下保博+片岡真琴+原口慎治+張 眞煕+廉 盛元/アトリエ・天工人
構造設計徐光+安藤耕作/JSD
設備設計遠藤和広/EOS設備工房+西原廣龍/日永設計
写真撮影アトリエ・天工人

関連の実績

台中市文化センター

Floating Palette/ ソウル・パフォーミングアーツ・センター(計画案)

オリンピック選手村 (2009年 計画案)

釜石市民ホール及び情報交流センター

上州富岡駅設計プロポーザル(計画案)

Ee Tower

子育てサロンみずほの (改修)

柏崎市新市民会館(計画案)

釜石漁師のみんなの家

太田駅北口駅前文化交流施設

瀬戸内町文化会館

備蓄倉庫