釜石市小白浜地区復興公営住宅

2011年の東日本大震災を受けて、津波の被害の甚大だった釜石市では、復興公営住宅のコンペが行われ、TeMaLiアーキテクツ(アトリエ・天工人+Ma建築設計事務所+ライフアンドシェルター社)として最優秀賞を獲得しました。
私たちは、津波で失われた家を再建するというだけでなく、小白浜の漁村を元々構成していた低層の切妻屋根住宅が立ち並ぶ風景を念頭において、コミュニティを三次元的に再生するというデザインコンセプトの基に設計を行いました。

私たちは、3つの異なる大きさの「コミュニティ」を計画しました。「大きなコミュニティ」として、1階のコミュニティ・センターがあります。「中ぐらいのコミュニティ」としては、共用屋外廊下のところどころに、廊下幅を広げて設けられた小さな集会スペースが設けられています。最後に「小さなコミュニティ」では、住居ユニットの間に、隣近所の人たちが気取らない日常の付き合いができる小さなふれあいの場が設けられます。

敷地には津波に耐えて残った築90年の石蔵があり、その切妻屋根がデザインモチーフとなりました。
私たちの計画案が2013年1月に選ばれて以来、地元の将来入居予定の住民の皆さんと2回のワークショップを行いました。2回目のワークショップでは、2タイプの住居ユニットの実物大のモックアップをダンボールで製作しました。住民のみなさんは、実物大の自分達の「未来の家」を実際に体験してくださり、とても有益で詳細にわたるご意見を多くいただきました。
実施設計完了後、時勢の流れにより、事業形式自体を変更せざるをえなくなり、積水ハウス株式会社が設計および施工を担当することになりました。積水ハウスさんは、私たちと小白浜・釜石市のみなさんとで作り上げた計画をベースとして、入念な設計を行ってくださいました。

震災から4年後、釜石市をはじめとする各方面の皆様の尽力により、本公営住宅が実現することになりました。地元の皆様とのやりとりを通じて、地域の未来をかたちづくる意義のある場所ができたこと、心より慶び申上げます。

>> 住宅一覧に戻る

竣工2015.8 (2号) 2015.9 (1号)
所在地岩手県釜石市
建築用途公営住宅
延床面積2200㎡

関連の実績

House 555

緑槽 (Project1000)

胡桃の舎

本箱ブレース アパートメント

セル・ブリック

集成木パネルの家

Wood-Cube

飛居(Project1000)

チカニウマルコウブツ

富・浮・風

鉄仮面

アース・ブリックス