備蓄倉庫

2011年の東日本大震災の際には、南三陸では広範囲にわたり津波の海水によって塩害を受けました。私達は地域住民との会合の中で、塩害のせいで農業には使えなくなった土があり、地域では処理に困っているということを知りました。私達は土を建築材料として扱ってきた独自の経験と施工技術を持っているので、地域の方はこの塩害を受けた土を使って建築をつくってほしいとの依頼を受けました。そこで私達は南三陸の土を採取し、リサーチを重ね新しい構法の研究をしました。

施工の間、アトリエ・天工人のスタッフは地元の住民、企業や大勢のボランティアの方たちとワークショップを行いました。自分達の手で土ブロックをつくり、ひとつひとつ積んで建築をつくりました。この土ブロックの施工には特別な技術も必要ないため、避難所に住む多くの方たちも我々のワークショップに参加してくださいました。

主な受賞

LEAF Awards 2013  最優秀賞受賞(サスティナブルな開発部門)

>> 公共施設一覧に戻る

竣工2012.12
所在地宮城県南三陸町
建築用途備蓄倉庫
建築面積9.98㎡
延床面積9.98㎡
階数地上1階
意匠設計山下保博 / アトリエ・天工人 + 天工人ラボ
写真撮影傍島 利浩

関連の実績

台中市文化センター

釜石市民ホール及び情報交流センター

瀬戸内町文化会館

Floating Palette/ ソウル・パフォーミングアーツ・センター(計画案)

オリンピック選手村 (2009年 計画案)

伊平屋プロジェクト

釜石市公民館及び復興公営住宅 プロポーザル

上州富岡駅設計プロポーザル(計画案)

釜石市小白浜地区復興公営住宅

釜石漁師のみんなの家

Ee Tower

柏崎市新市民会館(計画案)