SHIRASU / シラスプロジェクト

天工人ストーリーTOPへ戻る

P10-1

First Architecture using SHIRASU Concrete
/ 環境型シラスコンクリート建築の誕生

シラスコンクリートの開発に際し、一組のクライアントが私たちの前に現れました。都内の狭小敷地に住宅を建てたいというクライアントが私たちに求めたこと、それは次の一言でした。
「コンクリートで内外部を包み込んでほしい。そのコンクリートは社会的な挑戦であり、さらには環境型であってほしい。」

この要望に応える素材・工法、それが「環境型シラスコンクリート」でした。クライアントと、工法開発プロジェクトチーム、施工者そして設計者としてのアトリエ・天工人が一丸となり、素材開発・工法検討・設計を経た2015年、初めてのシラスコンクリート建築、「R・トルソ・C」と名づけられた建築がこの世に誕生しました。

「R・トルソ・C」のページはこちら

シラスコンクリートの開発は、まだ終わってはいません。
膨大な量が貯蔵されているとされる「シラス」の本格的利活用のためには、一回の現場ごとに専門性の高い国土交通大臣の認定を得るのではなく、誰もが使えるような一般性を持った素材・工法にまで広げる必要があります。
今後私たちはさらなる実例を積み重ねていきます。「シラス」が皆さんの生活を守る多くの建築物に使われることを目指して。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11