カテゴリー: 【株式会社Project1000_天工人】の記事一覧

北区Y邸

2013.6.8

地盤改良工事を行いました。

家の重さを支えられるよう、柱等の場所に杭をいれていきます。

暑いなか、溶接しながらの工事ありがとうございました。

 

地鎮祭

雨の降る梅雨らしい天気の中、地鎮祭を執り行いました。

桜新町駅から歩いて5分ほどの木造2階建住宅です。

11月の竣工に向け、いよいよ工事が始まります。

関係者の皆様、どうぞよろしくお願いします。

 

 

北区Y邸

2013.5.20

地鎮祭を行いました。

細かい雨が降る中、和やかな式となりました。

「雨降って地固まる」ですので、竣工に向けてよいスタートになったのではと思います。

いよいよ工事が始まります。

現場の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

千葉市M邸

3月3日のオープンハウスに向けて工程も終盤です。

外部では、電気の引込みが行われました。風の煽りを考慮し適切な長さで取付けられました。前面のCB塀に関しても精度良く積まれ、目地の通った塀となっています。既存の土留めを埋める形で新設したため建物前面の外部スペースを広く確保出来ています。

中庭もデッキ、ルーバー共に工事が進んでいます。LDKと繋がる中庭は、広がりを感じることもでき、なかなか使い勝手も良くなりそうです。

キッチンと階段を照らす照明に電球が取付きました。キッチン側はホワイトシカモアという樹種の突板仕上げです。

多くの職方さんが出入りし、完成に向けて工事が進んでいます。関係者の皆様、引続きよろしくお願い致します。

渋谷区F邸

2013.02.20 内部造作

本日現場にて、中庭側のサッシの鉄骨打ち合わせを行ってきました。
きれいに納まりそうで、出来上がりが楽しみです。
現場はキッチンのフレームや、リビングの棚など内部造作が進んでいます。
オープンハウスまで後1か月ですが、皆様よろしくお願い致します。

千葉市M邸

外構の打合せを行いました。新設する敷地前面側の塀と既存の塀を利用する隣地境界側との取合いを確認しました。

内部では、LDK吹抜部分の手摺を取り付けるため足場が組まれていました。手摺には一枚当たり30kg近くにもなるガラスを使用しているため職人5人掛りの、慎重な作業となりました。

3枚目の写真は、階段・キッチンを照らす照明です。木枠に取り付けたソケットに裸電球が入ります。良いアクセントとなりそうです。

渋谷区F邸

2013.02.09 サッシまわり

本日現場にてクライアントと打合せを行いました。
主に床・壁・建具などの仕上がりについて打ち合わせを行いました。
床面に素材感や色を与え、それ以外を白い仕上げとすることが決まりました。
現場は中庭サッシまわりの大工工事が進んでいます。
竣工まであと1.5か月 です。
まだまだ寒さが厳しいですが、よろしくお願いいたします。

 

千葉市M邸

足場が解体され、建物全体が確認出来ました。外壁コーナー部分、正面の庇を板金で納めることで、輪郭のすっきりした仕上りとなっています。

内部は塗装屋による丁寧な仕事が進んでいます。造作家具についても突板と塗装部分の色合わせを確認、引続き宜しくお願い致します。

渋谷区F邸

2013.02.01 鉄骨 内部棚

現場に中庭のガラスを受けるための鉄骨フレームと、鉄骨階段が取り付きました。
建物間口が2間しかない為、外壁周り以外には柱がない構造計画としています。
その中心に穿たれた1坪の中庭まわりは、今回の見せ場の一つです。

同時に、地下の大工さんがつくる内部造作も進んでいます。

 

千葉市M邸

内壁の工事が進んでいます。キッチンの背面収納は下地が組まれ、吹抜け部分の支柱も取り付き仕上がりがイメージできる様になってきました。

現場では仕上げの納まりについて打合せを行い、工程も終盤となってきました。引続き宜しくお願い致します。

渋谷区F邸

2013.01.29 フローリング貼り

本日現場に行ってきました。
工程は断熱の吹付工事が終わり、フローリングを貼っていいます。
今回は古材ようなラフなフローリングで仕上げています。
シンプルなフローリングと違い、床の存在感が際立つフローリングを使用することで、
スキップフロアという床の構成をより、明確に表現しています。
全体が仕上がるのが楽しみです。

渋谷区F邸

2013.01.11 内部造作

明けましておめでとうございます。
年明け最初の現場チェックです。
現在中庭開口部まわりの腰壁の制作を行っています。
徐々に中庭周りの空間が見えてきました。

スキップフロアの住宅は現場も上り下りが多く大変ですが、
1フロアごとに風景や、明るさが移り変わる体験はとても魅力的です。

今年もよろしくお願い致します。