カテゴリー: 【株式会社Project1000_天工人】の記事一覧

北区S邸

2012.08.03 屋根の確認

本日屋根を確認しました。

黒の外壁に合わせて、黒色の屋根です。一般的に黒色を屋根に使用すると、熱を集めやすいですが、今回等級4仕様である161㎜の吹付断熱を使用したため、熱が伝わりにくくなり、黒色の使用が実現しています。屋根の上についているのは、雪止です。

もう一枚の写真は、板金平張仕様の樋を置く場所になります。斜線を緩和するためのひとつの工夫です。とても綺麗に板金が巻かれていました。

北区S邸

2012.07.26 現場確認

本日現場確認に行ってまいりました。

外壁の下地貼りを完了し、一部外壁が貼られていました。この住宅では、ブラックのガルバリウムの外壁材を使用します。メンテナンスを考慮し、この材料と色を選択されました。

テラス内部は、壁、天井に合板が貼られました。大きな開口からは風、光が充分に入ります。とても気持ちの良い空間になりそうです。

北区S邸

2012.07.20現場定例

本日現場定例に行ってまいりました。昨日までの暑さはどこにいったのか、本日は涼しく大工さんの作業もはかどっていました。

冷暖房システムのHR-C、ダイニングテーブルが取り付く鉄骨柱が設置され、リビング・ダイニングの空間がはっきりと分かるようになってきました。フローリングが貼り始められ、本日寝室内のフローリングが貼り終わりました。

今回新しく鉄骨ブレースをデザインしています。本日はそのプレートが取り付いたのを確認出来ました。これまで天工人でやってきた、線で構成したブレースではなく、既製品のブレースと、造作のプレートを合わせた構成をしています。抜けを最大限確保出来るよう、プレートの大きさを最小限にし、強度も充分確保して設計しました。最終的にどのような仕上がりになるのか楽しみです。

北区S邸

2012.07.14 クライアント現場打合せ

本日現場にて、クライアント、山下含めお打ち合わせを行いました。

上棟後始めて中に入ったクライアントさんと一緒に、光や風の入り方を確認しました。デッキの大開口は、スケールを逸脱し、迫力のある空間になっています。また、吹付の断熱も施され、階段を兼ねた鉄骨の収納が取り付けられていました。今は大工さんの小物が置かれ、収納の棚の機能を果たしています。

 

北区S邸

2012.7.4 現場定例:構造金物確認

本日現場定例に行ってきました。

構造の方にも来ていただき、金物の位置、構造壁の確認をしました。サッシが取り付けられるところ以外には合板が貼られ、空間がはっきりと分かるようになっています。

また、水道屋さんの配管工事、今回導入するHR-C(冷暖房システム)の配管工事を行なっていました。写真は階段横に設置されるHR-Cの給水パイプになります。

デッキテラスは勾配が取られ、今後防水工事に進んでいきます。

北区S邸

2012.6.27 板金打合せ

本日現場にて、板金屋さん、工務店、設計の3者で板金打合せを行いました。

クライアントさんが悩まれていた屋根の開口部分は、既に合板で閉じられ、屋根が出来ています。さらに、屋根合板の上には防水のルーフィングが貼られていました。

合板、ルーフィングが貼られたので、雨が降っても作業がやりやすくなりました。天候の変わりやすい時期ですが、引き続き宜しくお願いいたします。

北区S邸

2012.06.23 上棟・お清め

本日現場にて、クライアントさん、大工さん、工務店の皆様と簡単なお清めを行いました。

その後、ご検討頂いていた項目を実際の空間の中で確認して頂きました。引き続き、宜しくお願いいたします。

北区S邸

2012.06.20 上棟

台風が心配されましたが、天気に恵まれ無事本日上棟しました。

跳ね出し部分の梁せいが大きいため、かなりの重量になったと思いますが、大工さんはじめ、皆様お疲れ様でした。

狭小地ながらも、周りに負けない迫力のある佇まいです。

北区S邸

2012.06.02

今週基礎打設を完了しました。

とても綺麗に仕上がっています。職人さん、監督さんありがとうございます。

現在プレカット打合せを行なっており、今月中旬以降上棟の予定です。

 

北区S邸

2012.05.23 配筋検査

配筋検査を行なってきました。

構造の方にも来ていただき、現場監督、設計の3者で確認しました。修正箇所に関しては直してもらい、来週打設します。

また、今回は町田市O邸に引き続きHR-C(放射冷暖房システム)を採用しており、工事を担当するメーカー、工事担当の方と現場にて打合せを行いました。HR-C本体の搬入時期や基礎に配管を通すためのスリーブの位置を確認しています。

引き続き宜しくお願いいたします。

北区S邸

2012.05.14/16 地盤改良確認

14日に地盤改良を行いました。

4m下に支持地盤があり、近隣への配慮、コストの両面から、今回は鋼管杭での地盤改良を選択しました。

本日、地盤改良鋼管杭の位置を確認してきましたが、現在は遣り方と根切りの工程へと進んでいます。

北区S邸

2012.05.12 地縄確認

本日地縄と地盤改良の鋼管杭の位置を確認してきました。

建物の位置が明確になりました。

赤のビニール紐は、地盤改良の鋼管杭の位置を示しています。

建物の跳ね出し部分が大きいため、構造の方、地盤改良の方と最適な杭の位置を何度も検討しながら、最終的に現在の位置になりました。

来週は地盤改良です。皆さん、宜しくお願いいたします。