アーカイブの一覧

2018年夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながらアトリエ・天工人は8月12日(日)から8月15(水)まで休業させていただきます。8月16日(木)より通常通り営業いたします。

何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

Our office will be closed from August 12 to 15 for summer vacation. Thank you for your understanding and continuous support.

海がめビーチの宿の前の海

【掲載情報】A-ringが『環境デザインマップ 日本』に掲載されました

『環境デザインマップ 日本』(環境デザインマップ編集委員会編、秋元孝之教授監修)に、山下保博 x アトリエ・天工人が手がけた住宅「A-ring」が掲載されました。SUEP代表・末光弘和氏執筆による記事「環境と住宅」の中でご紹介いただいています。ぜひお手にとってご覧ください。
(出版社ページ)
http://www.shikaku-books.jp/shopdetail/000000000140/
(A-ringについて)
http://www.tekuto.com/works/a136_a-ring

Our eco-house project “A-ring” is mentioned in an article in the newly published book “Environmental Design Map Japan “
(Read more on A-ring)
http://www.tekuto.com/en/works/a136_a-ring

BBC放送の取材を受けました

アトリエ・天工人が手がけた住宅「R・torso・C」が英国BBC放送の取材を受けました。番組タイトルはLeading Cities: Tokyoで、東京の暮らしや交通、ロボティクスなどを紹介する内容だそうです。代表の山下が出張のため副社長の水上が建築的特徴と狭い空間を広く見せる天工人の設計手法を解説し、クライアントも住まい手としてインタビューに応じて下さいました。放送日が決まりましたら、またご案内いたします。

BBC film crew visited R・torso・ C, one of TEKUTO’s residential projects for a program that shines a light on housing, life, transportation, and robotics in Tokyo. Our vice president Mizukami introduced the architectural features and TEKUTO’s design methods that make small spaces seem larger, and the clients also shared their point of view as the resident. We’ll post an update when the airing date is set.

インターンレクチャー:デンマーク建築編

天工人恒例の海外インターンによる建築レクチャー。今回はデンマーク人と日本人とのハーフで、現在はロンドンで建築の勉強をしている辻村みあさんに、デンマーク建築についてプレゼンテーションしてもらいました。コペンハーゲンのヒッピーコミュニティChristiania、BIG(Bjarke Ingels Group)などの奇抜な建築が数多く建つØrestad地区、会海上に建つ海水浴施設Kastrup Søbadなど、環境や自然を大切にするデンマークの個性豊かな建築について知ることができました。みあさん、ありがとうございました!

Mia, an intern student who has a Danish-Japanese dual heritage background and currently studying in London, gave us a lecture on Danish architecture. We learned about the hippy community Christiania in Copenhagen, the Østrad district where you can see hyper-modern works of BIG and other young architects, and other projects such as the seaside facility Kastrup Søbad. To get to know some great examples of nature-oriented, ecological Danish architecture was truly inspiring. Thank you, Mia-San!

設計スタッフの卒業式が行われました。

5年にわたり設計スタッフとして天工人を支えてくれたOさんが6月末で「卒業」となるため、卒業式が行われました。

奄美にいるスタッフや、子育て中のため早く帰宅したスタッフはスカイプで参加(21世紀ですね~。)思い出話や今後にむけての激励が飛び交う、楽しい時間でした。

今までおつかれさまでした!独立後もがんばってください!

O-san, one of our staff architect is going to leave TEKUTO after being with us for over five years. We held a “graduation party” in her honor, having a nice chat sharing memories and talking about future expectations. Some staff members even joined the party over skype (thank god it’s the 21st century!)

Thank you O-san, and we wish you the best of luck in your future endeavors!

 

 

職場体験

東京都の美しい島、神津島の中学生が3日間、学校の職場体験として天工人にやってきました。山下代表の故郷である奄美大島をはじめ、伝泊を2棟展開している佐渡島など、なにかと島に縁のあるアトリエ・天工人です。

3日間の体験では、建築設計の仕事についてのレクチャーにはじまり、実際のリゾートプロジェクトの屋根形状を模型でスタディ、打合せの見学、竣工したばかりのオフィスビルの視察など、建築設計のさまざまな場面に触れてもらうことができました。

最終日には、自分が住みたい家のプランを実際の敷地にあてはめて作成、プレゼンテーションまでやりとげました!

この3日間で建築の仕事や、一般的に「働く」ということに対して、少しでも具体的で前向きなイメージを持ってもらえたなら幸いです。

Uくん、おつかれさまでした!また遊びにきてください(次はインターンとして? 笑)

建築設計の仕事についてのレクチャー

 

インターンのお姉さんに指導してもらい、模型作り

 

竣工間もないオフィスビルの前で、構造設計の佐藤淳さんとパチリ!

 

緊張しながらも、しっかりプレゼンできました

 

おつかれさまでした!指導担当の水上と記念撮影

メルセデス 「Smart」 と「R・トルソ・C」の共通点とは?

先日メルセデス社より、2017東京モーターショーに出展する「Smart」のコンセプトカーに試乗させていただく機会がありました。アトリエ・天工人の手掛けた狭小住宅 「R・トルソ・C」 と多くの共通点があり驚きました。
詳しくは山下のレポートをお読みください。

次世代の車に乗って思うこと。
2週間前に東京モーターショーの出展予定のメルセデス社のSmartに試乗させて貰った。この車のコンセプトが私の設計する東京都心の狭小地に建つ建築に似ているとの話。
私の創る小さな建築のコンセプトは、3つのキーで出来ている。
1、抜けを創ること。屋内から屋外へ視線を通し、空間の広がり感を出すこと。
2、断面で考えること。平面的には小さいが三次元で考えると空間は広くなり、豊かな空間が生まれてくる。
3、色や質感を統一すること。同じ色や質感が似ていると視覚に誤認性が生まれ、実際より広く感じれる。

この3つがあまりにも酷似していて、メルセデスの人もビックリだった。
このコンセプトに加えこの車の凄いところは、次世代を表現している「空飛ぶ絨毯」のようなところ。ハンドルの無い室内、透明や半透明になるだけでなく、インフォメーションボードにもなる窓ガラス、シートベルトはかろうじて有ったが、これも必要ないようにするとのこと。接触事故が起きないからだとのこと。車はほとんど興味のない私でさえも驚きの連続だったので、さぞや車好きは堪らないだろう。世界でこの一台しかないとの話に近所の子供達も大はしゃぎで試乗していた。

この車が東京を走る可能性について聞いたところ、2025ー30年かなぁとの話。日本の法律が許さないために時間がかかるとのこと。う〜〜むと唸って何も言えない。何とかならないこのだろうか。
写真が解禁になったので、ゆっくりの報告。

金沢21世紀美術館『工芸建築』展に出展準備中です。

「工芸x建築の可能性を探る」をテーマに、金沢21世紀美術館市民ギャラリーB1・B3で11/7より開催される『工芸建築』展。
山下保博出品作の準備がアトリエ・天工人で進行中です。
作品タイトルは金沢の方言、「かたがらん?」
金沢のとある伝統工芸品を用い、「工芸X建築」の狭間にあるものを作り出します。
こちらの画像は模型写真です。
「かたがらん?」の意味は?
どのような伝統工芸品を用いるのか?
「工芸X建築」の狭間にあるものとは?
ぜひ会場でお確かめください。

会期
2017年11月7日(火)-11月19日(日)
10:00~18:00 (最終日は18:00まで)
入場無料