アーカイブの一覧

メルセデス 「Smart] と「R・トルソ・C」の共通点とは?

先日メルセデス社より、2017東京モーターショーに出展する「Smart」のコンセプトカーに試乗させていただく機会がありました。アトリエ・天工人の手掛けた狭小住宅 「R・トルソ・C」 と多くの共通点があり驚きました。
詳しくは山下のレポートをお読みください。

次世代の車に乗って思うこと。
2週間前に東京モーターショーの出展予定のメルセデス社のSmartに試乗させて貰った。この車のコンセプトが私の設計する東京都心の狭小地に建つ建築に似ているとの話。
私の創る小さな建築のコンセプトは、3つのキーで出来ている。
1、抜けを創ること。屋内から屋外へ視線を通し、空間の広がり感を出すこと。
2、断面で考えること。平面的には小さいが三次元で考えると空間は広くなり、豊かな空間が生まれてくる。
3、色や質感を統一すること。同じ色や質感が似ていると視覚に誤認性が生まれ、実際より広く感じれる。

この3つがあまりにも酷似していて、メルセデスの人もビックリだった。
このコンセプトに加えこの車の凄いところは、次世代を表現している「空飛ぶ絨毯」のようなところ。ハンドルの無い室内、透明や半透明になるだけでなく、インフォメーションボードにもなる窓ガラス、シートベルトはかろうじて有ったが、これも必要ないようにするとのこと。接触事故が起きないからだとのこと。車はほとんど興味のない私でさえも驚きの連続だったので、さぞや車好きは堪らないだろう。世界でこの一台しかないとの話に近所の子供達も大はしゃぎで試乗していた。

この車が東京を走る可能性について聞いたところ、2025ー30年かなぁとの話。日本の法律が許さないために時間がかかるとのこと。う〜〜むと唸って何も言えない。何とかならないこのだろうか。
写真が解禁になったので、ゆっくりの報告。

金沢21世紀美術館『工芸建築』展に出展準備中です。

「工芸x建築の可能性を探る」をテーマに、金沢21世紀美術館市民ギャラリーB1・B3で11/7より開催される『工芸建築』展。
山下保博出品作の準備がアトリエ・天工人で進行中です。
作品タイトルは金沢の方言、「かたがらん?」
金沢のとある伝統工芸品を用い、「工芸X建築」の狭間にあるものを作り出します。
こちらの画像は模型写真です。
「かたがらん?」の意味は?
どのような伝統工芸品を用いるのか?
「工芸X建築」の狭間にあるものとは?
ぜひ会場でお確かめください。

会期
2017年11月7日(火)-11月19日(日)
10:00~18:00 (最終日は18:00まで)
入場無料

金沢21世紀美術館『工芸建築』展の告知映像が届きました。

11月7日~19日に金沢21世紀美術館にて開催される『工芸建築』展に山下保博が出展いたします。
まずは告知映像が届きましたので、各出展作家の思いをご覧ください。
工芸建築とは、いったいどのようなものでしょうか。
そして山下はどのような展示物を出展するのでしょうか・・・?
近日中にウェブサイトでもお知らし致します。

告知映像はこちら よりご覧いただけます。

 

デンマーク国営テレビ局の取材を受けました

デンマーク国営テレビ局の取材を受けました。
2日間にわたり、海外でもよく知られている 「バウンダリーハウス」 「R・torso・C」 「Magritte’s」の3軒の住宅で、撮影、インタビューが行われました。

クライアントも撮影に協力してくださり、住み心地や、家のなかの好きな場所をお聞きしたり、番組進行役の女性建築家 Sonja さんが、代表の山下にインタビューしたりと、盛りだくさんの内容でした。

世界中の住宅を紹介する人気ドキュメンタリーとのことで、この秋北欧4カ国で放送予定だそうです。

Danish National TV program visited “Boundary House”, “R · torso · C”, and “Magritte’s” for shooting.
Sonja, a hostess of the program and also an architect herself, interviewed Yamashita and clients about theier houses.
The program will be broadcasted this fall in the Scandinavian countries.

「日本、家の列島」展でギャラリートークを開催しました。

パナソニック汐留ミュージアムで開催中の 「日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―」展 で、アトリエ・天工人の山下がギャラリートークを行いました。

この展示会では、日本の戦後社会の成長の一翼を担ってきた住宅建築の写真や映像、模型などが展示され、歴史的な名作住宅から最近の秀作まで約70作品が紹介されています。

アトリエ・天工人からは、「バウンダリー・ハウス」のパネル展示と模型、そして「チカニウマルコウブツ」、「ペンギンハウス」、「Lucky Drops」の写真が展示されています。

5月19日に行われた山下のギャラリートークでは、会場内に設置された「映像の家」というブース内で、『私の建築の発想の仕方』 をテーマに、バウンダリー・ハウスが竣工するまでの経緯を交えてお話しました。
常にクライアントの要望をじっくりと聞き、地域の歴史から地形まで、とことんリサーチを行いながら家のテーマを見つけていくという発想法を紹介しました。
パネル展示の前では、来場者の皆さんからの質問にお答えし、終始なごやかな雰囲気でイベントは終了いたしました。

ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。
展示会は2017年6月25日まで開催されますので、ぜひ足をお運びください。

クライアントが「ひらやまのお家ができるまで 」を制作してくれました

鹿児島県南九州市川辺にある小規模多機能高齢者施設「ひらやまのお家」。

施設の運営会社 株式会社いろ葉 は、クライアントという枠を超え、施設設計のパートナーでもあります。
その 株式会社いろ葉 の皆さんが、施設竣工にあたり「ひらやまのお家ができるまで 」というスライドショーをサプライズプレゼントをしてくれました。

関わった全員の熱い想いがまとめられています。
(音楽は一部オリジナルから変更されています)

天工人の住宅物件でイギリスの国営放送 BBC の撮影がありました。

イギリス国営放送 BBCのドキュメンタリー番組から天工人の物件を紹介したいという依頼があり、先日の晴れ日に撮影が行われました。

番組は【日本の美】を探るドキュメンタリーで、「自然」「都市」「住宅」という三つのテーマに分けて合計3時間をかけて放送されます。日本の現代建築一つとして、天工人の手がけた建築物が紹介されるそうです。

撮影は、R・トルソ・CMagritte’s

撮影日は、春らしくとても暖かく、空は青く澄み渡りコンクリートのグレーが良く映えました。

他の天工人物件にも撮影の依頼があったのですが、スケジュールの調整で中止となりました。
コーディネーターからは事前に「日本滞在中のスケジュールがかなりずれ込んでおり、20-30分程度でさっとだけ撮影をする」と連絡を受けていたのですが、撮影クルーはそんな気はないらしく、ゆっくりじっくり時間をかけて何回も撮影を行い、結局は一軒につき90分、朝9時から始まった撮影は午後12時過ぎまで行われました。

  
写真は、番組のプレゼンターでケンブリッジ大学教授のDr.ジェームズが、家をカメラに収めている様子をクルーが撮影しているところです。
 
スケジュールは実際にかなり押しているらしく、コーディネーターはその日のスケジュールも再調整していたのでは。
それでも、細部にまでこだわり納得いくまで幾パターンもの撮影を行う姿勢は、天工人の建築の向き合い方に共通しているのかも知れません。

イギリスでは今年の7月に放送される予定です。

2017年 新スタッフのご紹介

東京でもようやく桜が満開となりました。
アトリエ・天工人には3人のフレッシュなスタッフが入社いたしました。

栗田 和真 「天工人の全てを吸収できるよう努力して行きます。」

孫 智青 「自分の良い部分は伸ばしていき、短所は改善していく所存です。これからどんどん仕事に慣れ、諸先輩方のように会社の戦力になれるよう努力していきますので、どうかよろしくお願いします。」

堀次 宏暢 「仕事なので大変だと思いますが、楽しむことを忘れずに取り組んでいきたいと思います。」

左から栗田、孫、堀次

どうぞよろしくお願い致します。

【進行中 川辺 小規模多機能 高齢者施設プロジェクト】

鹿児島県南九州市川辺で進行中の小規模多機能高齢者施設の完成が近づいてきました。

クライアントはとても柔軟で決断も早く、機能面のこだわりを強く持ちつつ設計のアドバイスにも耳を傾けて下さいました。また、どんな短工期でどれだけ変更が生じても、いつも笑顔で見事に乗り切ってくれる施工者にも恵まれ、とても良いチームでプロジェクトが進められています。

焼き杉と屋根のバランスがとても上手く取れた建築。それ以上に、ソフト面での介護方法に見応えあるのですが、写真ではお見せできずに残念です。完成後、施設を訪問をし是非実感してみて下さい。

     

2017年 節分恒例の豆まきをしました

アトリエ・天工人 恒例の、節分豆まき。
この時ばかりは事務所の皆も、童心にかえって豆まきをします。

鬼の担当は新入社員。
今年は中国とロシアからも鬼がやってきました。

日本の文化に倣いつつ、国際色豊かなアトリエです。

【ネストアット奄美 コンシェルジュ・ヴィラ・ホリデー・ホーム】現場見学会

1月15日に奄美設計集団主催による【ネストアット奄美 コンシェルジュ・ヴィラ・ホリデー・ホーム】の現場見学会が開催されました。

IMG_2542

IMG_2545

写真は、島の若手の設計者が集まり、現場で代表 山下の話を熱心に聞いている様子です。

構造や意匠についての質問が飛び交い、有意義な時間を過ごすことができました。

建物のコンセプトや素材、納まり、一つの建築の中にはたくさんのものが詰まっています。
それを直に見聞きする事ができ、島の若手にとっても刺激的な会となったのではないでしょうか。

【鹿児島県南九州市小規模多機能高齢者施設 現場総合定例】

南九州市の高齢者福祉施設で現場総合定例がありました。

クライアントがじっと見守る中、代表の山下が元請け施工業者、職人と共に外壁と屋根の原寸モックアップを凝視しつつ、ディテールを解く様子が伺えます。

天工人ではこのように、必ず施工サイドやクライアントを巻き込み協同での施工を心掛けています。

15219966_%e5%b0%8f%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e5%a4%9a%e6%a9%9f%e8%83%bd

またこの日は、現場近くにあるクライアントの施設から、様子を見に来て下さった方がいました。聞くと、普段は全く外に出ない方なのだそうですが、完成を楽しみにして見学に来られたそうです。
期待に添えるよう、頑張ろうと決意を新たにいたしました。

15253463_%e5%b0%8f%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e5%a4%9a%e6%a9%9f%e8%83%bd%e8%a6%8b%e5%ad%a6